もう齢だから、は本当か?

今回、秋のお彼岸の時期に書いています。ご先祖さまを思うとともに、自分の生活ぶりを考えなおす、よい機会でもあると思います。

もう齢だからと言い訳をして、努力を怠けていないか。仕事であれ、日常生活であれ、齢だからできない、と見なされることがあります。逆に、若いからできない、と考えられることもあります。本来は齢なんか関係ないですが、何か事象が発生した時に、「原因究明」を急ぎ過ぎ、理由をいきなり年齢に帰結させようとする、ときがあります。結果、十分な検証がなく、効果的な対策をとれていない、再び問題事象が発生するリスクが高くなることになってしまいます。

もう齢だから、どうせ体力はないだろう、PCが苦手だろう、という意見が通る。まだ若いから経験不足によりマネジメントはできないだろう、と推定される。大抵の場合は、そう主張する人が身近に例を知らないだけだったりします。それらの推定による判断で、機会損失が結構生じていると思いますが、前例がないとその推定に反論するのは難しいことかな、とも思います。

努力しない理由を自分で年齢のせいにしないようにしたいものです。衰えによる不利を否めない場合はあるでしょうが、不利は年齢以外の環境面で生じることもある。先週には「定年後の仕事選び」が某週刊誌の特集になっていますが、生涯努力する人々が増えればいいと思いました。当社のレポートもお役に立てれば幸いです。

高い目標リターン

9月になり、夏のスポーツイベントシーズンでの、高校総体、世界陸上、甲子園、柔道、レスリング、バドミントン、サッカーW杯予選などが終わりました。高校生の大会ですと、文武両道という表現がたまに見られます。たまに見られる程度なので、逆に、学業を犠牲にしてスポーツに専念する、という学生も多いでしょう。そこで、そのリスクについて思いました。  

野球を例にして、プロ野球のレギュラーになることを目標リターンとします。すると、プロ野球の12球団、1チームのレギュラーを投手4名、野手8名とすると、12球団で合計144名。一方、硬式野球人口を数えてみると、2017年の大会参加校が全国で3839校。試合メンバー9名がいるので、34551名。プロ野球で活躍する選手が、21歳から30歳の10年間分の選手で競われるとすると、345510名での競争。そのなかで144名のレギュラーになるとすると約2400名に1名、という厳しい競争です。相当なハイリスクです。

株式投資に関わる仕事をしていると、分散投資など、ハイリスクを警戒する考え方に慣れてきてしまいました。高いリターンを得た選手たちを素晴らしいと思う一方、一流選手を目指して幼少のうちからハードな練習を子どもに課すお父さん、お母さんには、そのリスクも認識した上での行動であってほしいなとも思いました。

株式投資であれば、事業内容に含まれるリスクについては、当社のレポートから解釈できますので、活用してください。リスクの裏にあるリターンを楽しみに、豊かな秋を過ごしましょう。

時代が違えば…

大暑の時期ということもあり、ここ東京は連日の猛暑です。昨今は、ビジネスシーンでもカジュアルウェアが増え、暑さを我慢するのは体に悪い、という空気が広がっています。そんな状況でも、高校総体は7月22日から開催されています。この時期のスポーツは、本当にきつい。

こういう話をすると、若い時は自分だって水も飲まずにがんばった、今は甘やかされている、などと自分のほうが大変だったかのような大人の意見が大抵出ます。言われた若者からすれば、メタボ体形のくせに何をえらそうに、知らないと思って誇張しているだろ、という気分かなと思います。

シェアードリサーチのお客様のなかで、ブログを書いていらっしゃる方がいて、そのなかに興味深い記述がありました。年配の偉い人の集まりで、「日本人は英語が出来ないし、日本の近頃の若者は留学もあまり行かないし、海外旅行も高齢者ばかりだし、日本の、特に若い世代のグローバル化を懸念する声が噴出しました」とのこと。反論しても無勢だったので、「皆さんに、コンピューター言語を書く人が何人居るか聞いて見ました。手を挙げたのはひとり」であった。若者に聞けばもっとたくさんいますよ、と。

その時代、環境で、最善の努力をする、その結果、時代が違えば現れる成果が異なっている、ことは自然かなと思います。刻々と変わる投資環境で調査に最善の努力をする、そんな行動に、シェアードリサーチのレポートをご利用ください。各社の四半期決算ごとに更新しています。

新人の活躍

ひとりの中学生が、日頃は新聞などで脚光を浴びることのない将棋界を目立たせていました。藤井四段、プロデビューから29連勝。とうとう7月2日に敗れてしまいましたが、敗れたことがニュースになるのですから、何ともすごい。新人が突然勝ち続けると、調和に乱れが生じるので、新人の偉業をほめる一方で、旧勢力がだらしないかのように責める意見も出そうです。

サッカーのJリーグが始まったころ、高卒新人の城選手が開幕戦から4試合連続ゴールを決めて大活躍をしていました。その頃、プロ野球の解説者の方が、サッカーにプロができて人気が高まっているけど、高卒新人がいきなり活躍できるようでは、レベルが低い、野球の世界ではありえない、などというようなことを仰っていた記憶があります。野球の世界には、それから数年して、横浜高校から松坂投手がプロ入りし、新人の年から大活躍。どこの世界でも、勝負は、経験年数だけでは決まりません。

ビジネスの世界でも、ベンチャー企業が急成長していると、その企業や経営者、旧来の勢力に対し、似たような感情が生じるのではないでしょうか?幸運だけで、成長しているのか、旧勢力を圧倒する実力があるのか、未開拓の分野を独走しているのか。見極めがうまくできれば、投資チャンスが高まります。シェアードリサーチでは、上場個別企業への投資の見極めをしやすいように、取材に基づくレポートを作成しておりますので、弊社ホームページから入手され、ぜひご活用ください。

月と翻訳

6月に入りまして、東京は梅雨の時期だからか、雨模様の日が多くなってきました。仕事からの帰り道、空を見上げても、曇り空で月の見える日が少なくなっています。ただ、たまに見えた月がきれいだったからと言って、男性がやたらに他人に、月がきれいですね、とは言ってはいけない、という話も頭によぎりました。

それは、典拠不明の一種の伝説、テレビドラマではネタとして使われたこともあるようですが、夏目漱石さんの逸話があるからです。漱石さんが英語教師をしていたころ、教え子に、「I LOVE YOU.」の日本語訳を聞かれて、「日本人なら、月がきれいですね、とでも訳しておけば伝わる」と言ったという話です。現代では、その意味を知らない人に言ってしまうと、何言ってんだろ、この人、と引かれる恐れがありますが、漱石さんの時代には、実際に使われる自然な日本語にするとこうなる、という逸話だったのだろうと思います。

シェアードリサーチには、和文レポートを翻訳するグループ企業がありまして、英語圏の人ができるだけ自然に読めるような翻訳になるように心掛けています。原文に忠実に訳すと、実際にはそういう言い方はしないでしょう、読みにくい、という文章になる恐れがあるので、意味を汲んで自然な言い回しで訳すようにしています。さすがにビジネス上、先の夏目漱石さんの例のような文学的な翻訳にはしていませんが、このように言えば英語圏の人にはわかりやすい、という文章になるよう、作成しています。

決算発表から株主総会への繁忙期を迎えて

五月に入り、寒くもなく暑くもなく、過ごしやすい日が、何日かありました。東京は、もうすぐ梅雨入りしてしまいますし、暑い日も多くなってきましたが、五月は、一年のなかでも比較的過ごしやすい気候だと思います。一方、五月病というこの時期特有の不調もあります。これは、寒さが和らぎ身体的な不快感が減じたために、精神的に考える余裕ができた状態で、4月からの新年度開始で考えることも増えて、悩みやすくなるのかな、と思ったりもしました。寒すぎたり、暑すぎたり、身体的にサバイバルに懸命な状況では、五月病は生じにくいかも、と。あくまで、個別事情を除いての話でありますが。

危機的な状況に追い込まれているとき、猛烈に忙しい時、生き残るために生命力をひねり出して体が戦っているときは、不調を感じている余裕もないでしょう。以前に、サッカー日本代表の監督のオシム氏が新聞紙上で、野犬に追いかけられているウサギが、逃げている途中に脚がつるということはない、と、試合中に脚がつった選手を叱るコメントをしていました。選手には気の毒ですが、身体の不調の原因に精神面が取り上げられてしまうのは世界共通なのかと感じました。

日本では、3月決算の会社が多いので、決算発表、決算説明会、投資家対応、株主総会、とIR担当者も多忙な時期でいらっしゃることと思います。何とか無事に乗り切ったうえで、その後に体調悪化を招かないよう、ソフトランディングに留意していただければよいな、と思います。

東京での通勤

4月になり、入社や転勤で東京にて通勤を始めた人が多いことかと思います。混雑は、もう何十年も変わらない事象ですが、ここ数年の変化としては、私鉄の各路線が相互乗り入れし、相当な長距離区間がシステマティックに時間制御されるようになった、ということがあげられるかな、と思います。

この時間制御は、平時は大変便利で、よくぞここまで、と有難く思います。ただ、異常が生じると、ものすごく遠くまで影響が及びます。ドアに傘が挟まった、などのトラブルで1分でも異常に時間がかかると、隣の県の遠くの方の電車の時刻表まで変更を余儀なくされます。ひとつのトラブルが、首都圏の何十万人の人に影響を与えてしまう、結構おそろしい仕組みになっています。自分だって、いつトラブルの元になるかは、わかりませんから、気を付けないといけないな、と思います。

自分が何分の電車に乗れば、何分に目的地の駅に到着するかがネットでわかり、降車は、どこの車両が便利なのかも駅のお知らせでわかり、ずいぶんと効率的になっていると思います。ただ、それでもたまに、非効率の元になるトラブルは生じてしまいます。

想定外のことが生じると、株式市場では大きく価格が変動します。逆に、通常と違うことでも、想定の範囲内であれば、価格変動は小さくなるかな、と思います。投資家の視点から、企業のことをなるべくたくさん想定できるよう、シェアードリサーチは企業様の内容をレポートにしています。新社会人の方も、ぜひ利用してみてください。

競争を続けるということ

おかげさまで、シェアードリサーチは、設立8年の記念日を経過しました。弊社のクライアント様のなかには、創業200年を超える先様もございますので、事業を長く継続するのは立派なことだな、と改めて思いました。

継続といえば、最近の話題では、サッカーの三浦選手。50歳でプロのサッカー選手として、試合に出場しました。プロサッカーの技術的なことは、素人の自分にはわかりませんが、体を動かす大変さ、10代や20代の人たちと競走することが、どれほど大変かは、たまに運動らしきことをしてみる自分にもわかります。何かの取材で三浦選手が語っていたと思いますが、試合に出ることも大変だけど、試合に出られるような状態に準備しておくことが大変なのだ、という趣旨の発言が印象に残っています。自分の体力の低下、競争相手の技術の向上、期待される役割の変化、など様々な要因を調整し、自分のレベル、商品価値を高く維持し続けなければなりません。逆風に屈し、努力をやめてしまえば、価値が下がり、そのまま市場から退出させられてしまいそうな、厳しい競争環境と思われます。

長い間には、逆風の時期というのが存在するでしょう。その逆風の時期にも、努力を継続してきた証が、継続期間の長さに反映される、だからこそ立派なことだな、と考えさせられます。ベンチャー企業の革新性のニュースは、よく目にしますが、歴史ある企業へのリスペクトも保持しておきたいな、と改めて思いました。

公平な競争の追求

オリンピックの男子400mリレーで、ある国の選手がドーピング再検査陽性という報道がありました。もし事実とすれば、ルール違反なので、失格も仕方ないところでしょう。競争は公平であるべきだ、という考えには与しますが、一方で公平というのはどこまで追求できるのか、とも思う機会になりました。

スポーツであれ、勉強であれ、努力に比例して競争の結果が出るのであれば、公平と言えるでしょう。しかしながら現実には、努力する環境は各人で全く異なるし、努力以前に遺伝子が違います。環境面では、受験勉強でも進学塾に行けるかどうかで有利不利がある、という考察を見かけます。

そもそも完全に公平な競争というのはなくて、多少は不公平な部分があるものの、なるべく不公平を小さくして競争するほうがやる気が出るよね、という程度で済めば難しい話にはなりません。しかし、金銭が絡んでくると、なるべく、の程度が大きくなり、ルール違反への処罰がきつくなるでしょう。株式投資でも厳しい規制があります。

シェアードリサーチでは、投資家間の情報格差を小さくして、なるべく公平な条件で投資競争が進めば、市場が発展するだろう、という期待を込めて、企業分析レポートを公開しています。同じタイミングで同じ情報を見たうえでの投資判断の違いによって競争が生じれば健全ではないか、長期的には健全な競争環境のほうが株式市場の発展に望ましいのではないか、という仮説を立てて仕事しております。

箱根とフェアバリュー

年末年始、スポーツイベントが多く行われていました。

ボクシングの世界戦、サッカー天皇杯、箱根駅伝、高校サッカー、と見る競技に個人的な偏りはありますが、だいたい毎年、似たようなプログラムで観戦しています。

中でも、箱根駅伝の世間での注目度は近年急速に高まり、活躍した選手がなぜオリンピックで勝てないのか、という発展した意見まで見られます。ただ、この大会、関東学生陸上競技連盟に所属している大学というのが出場条件で、認知度は高いものの、全国大会ではありません。カテゴリーとしては、関東大会に近く、ワールドクラスの大会とは、開きがありますので、箱根で活躍したからオリンピックでも、というのは、選手にとって短期的には酷な期待だと思います。

箱根駅伝のレベルが高いことは認めたうえでの話ではありますが、世間の認知度と、フェアバリューが一致しないことは、よくあると思います。株式市場においても、認知度が高いゆえに、買われすぎの銘柄、またその逆に、よく知られていないゆえに割安な銘柄、があるということを耳にします。

シェアードリサーチのレポートは、フェアバリューを見つけやすい構成にしています。戦略的な露出度の大小によって認知度が上下するのは、ある意味で健全だとは思いますが、一方でフェアバリューの認識も投資判断には重要と思います。本年もよろしくお願い申し上げます。